審美歯科で受けられるホワイトニングの費用の違い

ホワイトニングという歯を白くさせる審美歯科の治療は、むし歯や歯周病、他の病気や事故によって治療が必要な歯とは違いますので、保険が適用されません。自己診療に該当するため、治療費を100%患者が負担することになります。

とはいえ、審美歯科治療の中では、ホワイトニングは比較的安い部類に入ります。

All Aboutを知りたいならご活用ください。

安い審美歯科で受ければ、2万円台でも治療を受けることが可能です。

但し、治療費が安いホワイトニングだと、効果が弱まってしまうことが多くなっています。



より高度なホワイトニング治療を受けるなら、10万円くらいの費用をかけることになります。


1回きりの通院で済むことはあまりなく、ほとんどが年に数回通うようになっています。


1回の費用が安くても、毎月のように通う審美歯科を選べば、総額が高くなることも珍しくありません。
しかし、ホワイトニング治療は回数を重ねるほど、より白くできるという性質があります。
費用と効果のバランスを考えて、ホワイトニング治療を受けるようにしましょう。治療を受ける前に、カウンセリングで医師やスタッフからきちんと説明を受けたり、質問をすると、失敗を防ぎやすくなります。

カウンセリングを無料で行ってくれる審美歯科も多く存在します。



ネットで簡単にカウンセリング予約ができるところなら、忙しい人でも予約がしやすいため、大変便利です。
カウンセリングで納得できなければ、無理に契約をする必要はなく、断ることができます。