ハイヤー採用について - ハイヤーに採用される為の行動

ハイヤー採用について

ハイヤー運転手として活躍する場合にはただ「運転技術が高い」だけでは採用において不足する所もあります。
ハイヤー業界では顧客競争が激しく、常に競合退社との差別化を求められるところも多いです。

特に高齢者や小さい子供を連れた家族など利用者に特化したサービス内容があるとリピーターとして確保できる事も多く、採用においても運転技術に加えて福祉関係の資格や経験者、保育士としての前歴があるなどプラスアルファの経験値があるとハイヤー業界においての採用に有利に働く事もあります。

実際にハイヤーとして活躍したい場合、特別な資格は採用時には不要ではあります。

ハイヤーの採用の口コミ情報を掲載しています。

しかし実際に働くとなると第二種の自動車免許が必要となってきます。普通自動車免許取得から3年以上経過している等の条件がある為、応募の段階で確認しておくと良いでしょう。
企業によっては第二種免許取得をサポートしている所も多く、その為の費用は企業が負担したり、資格取得までの給与の保証をしてくれるなど待遇面でも違いがあるので確認しておくと良いでしょう。



ハイヤー業界でも競合他社との差別化を図る為に積極的にこれまでの業界常識を覆す様な試みも始めている所も多いです。

運転手と言えば男性というイメージが強いですが、あえて女性を積極的に採用する所もあります。
同性の方や子供、高齢者でも利用しやすい点のメリットの他にも女性ならではのきめ細かいサービスを提供できるなどが理由にあります。