インプラントの手術は何回受ける?

インプラント治療を行う場合には手術を受ける必要があります。

ただ手術と言ってもその内容はさまざまですし、特に多くの人が気にするのが「何回手術を受けることになるのか」という点です。

これについては大きく分けて一回法と二回法の二種類があります。


まず一回法とはインプラントの取り付けを一回で行う方法で、当然ながら手術が一回で済むわけですから患者への負荷も非常に少ないというメリットがあります。


ただし治療の内容によっては二回法よりも感染症のリスクが高くなるというデメリットがありますので、感染症リスクが大きいと判断された場合やより安全を期したうえで手術に臨まなくてはならない事情がある場合には次の二回法が選ばれることになります。

マイナビニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

ではこれに対して二回法とは何かというと、これはその名の通り手術を二回に分けて行う方法です。



一回目はインプラント本体、つまり根元のネジのような部品を歯肉に埋め込む手術が行われ、その状態で一旦歯肉が回復するのを待ちます。
歯肉がある程度回復したということであれば今度はその歯肉を切開し、ヘッド部を露出させたうえで人工歯の取り付けに入っていく形になるのです。

こちらの方法は二回の手術を行わなくてはならないということで患者への負担が多少大きくなるデメリットがありますが、その分多くのケースで適用できること、感染症リスクが低いことなどがメリットになります。どちらの方法が絶対に優れているといったことはありませんから、手術を担当する歯科医師とよく話し合ってからどちらの方法を選ぶか決めるようにしましょう。