お手軽なホワイトニングによる審美歯科治療のポイント

審美歯科治療の中でも、手軽で人気のある治療法が、ホワイトニングです。

歯を削らずに白くできるのが魅力です。

ホワイトニングを審美歯科で受けたからといって、その後の歯がいつまでも白く維持できるとは限りません。

T-SITEの珍しい情報をご紹介しています。

色素沈着を起こすような生活を送っていれば、徐々に歯の白さが失われていきます。色素沈着を起こす原因をできるだけ回避することを心がけると、ホワイトニング治療の効果を長く維持できるようになります。


まず、歯の汚れをきちんと落とすことが重要です。


歯磨きは食後にきちんと行うようにしましょう。


1日に1回だけでは、色素が残るリスクが高まります。むし歯や歯周病予防にも必須の行動ですので、歯磨きを怠らないようにしてください。
色素沈着を起こしやすい、コーヒーや紅茶、烏龍茶や醤油などを避けるのがおすすめですが、これらは健康的な食生活を続けるためには必要なものです。

無理に避けるよりも、歯磨きで解消することに重点をおきましょう。
歯磨きを丁寧に行っても、その効果には限界があります。


歯の形状や体質によって、色素沈着を起こしやすい人は少なからず存在します。

できるだけ定期的に審美歯科に通い、ホワイトニング治療を受けるようにしたいところです。



年に1~2回程度でも、白さを持続させることができます。



ホワイトニング治療直後は、色素沈着を起こしやすい状態です。

施術を受けたその日は色の濃い食事を控えるようにすると、効果を落とさずに済みます。