歯医者におけるマイクロスコープ治療とは

実は、人間の裸眼による限界は0.2ミリと言われており、それ以上細かく精密な治療や手術においては肉眼よりも3~20倍拡大することが可能な手術用顕微鏡であるマイクロスコープを使用することでより高度な手術なども可能になってきています。
マイクロスコープは、始めは外科や眼科などで使用されていましたが、徐々に脳神経外科や心臓科、産婦人科などでも使用されるようになりました。歯医者においても、1990年代頃から導入されるようになってきましが、それでも普及率はいまだに低く、全国の歯医者におけるマイクロスコープの使用率は2~3%というのが現状となっています。



歯医者にそれほど普及していない理由としては、マイクロスコープを治療に取り入れたとしてもそれを使うにはそれだけ高度の技術力と知識を必要とすることと、それを教える教育の場が設けられてないということも理由の一つと言えるでしょう。

しかし、歯医者において導入を考えることですることで今まで手探りで行っていた根管治療や精密な虫歯治療、数ミクロン単位の、人間の裸眼では見ることの不可能な世界の正確さや精密さを要する審美歯科などの世界でも非常に役立つことは明らかです。



特に根管治療は医師が見えない部分を手の感覚や今までの経験を元にして穴を開けて行っていくので、しっかりと病巣を除去することができずに再発する恐れがあったのが難点でしたが、直接根管内を直視しながら行うことができるので病巣をしっかりと取り除くことも可能であり再発の防止にもつながると考えられます。

Girls Channel情報が絶対見つかります。

より精密で精度の高い治療を行うことで、歯科医療の技術の進歩のためにもマイクロスコープがこれから必要不可欠となる機械であることは間違いないといえます。